【フィート】IC運転免許証による本人確認方法

IC運転免許証を使っての本人確認がフォートトークでできるようになりました。

この記事では、その本人確認の方法や、確認時の注意事項などを紹介します。(対応バージョン:Ver0.96.61)

画像内の名前等は説明のための架空のものです。

トマリギ

フィートの使い方については以下の記事をご覧ください

目次

セキュアな本人確認処理

IC運転免許証を使ったフォートトークの本人確認は、非常にセキュアな方法で行われます。

まず運転免許証情報と、入力する氏名や顔写真の照合はアプリ内のAIが行います

また確認完了後は、”本人確認済み”という事実免許証情報の姓名のみがシステムに保持され、他の顔写真情報などは一切記録されません。

本人確認ができる機種

IC運転免許証のチップ読み取りが可能なのはNFC(Type-B)に対応しているiPhone7以降です。

なお、iPadMacはNFCに対応していないため、読み取ることはできません

iPhoneで本人確認に使えない機種
  • iPhone6以前:iOSが古いためフォートトークが起動しません。
  • iPhone6s:NFC(Type-B)搭載機種ですが、ICチップのスキャン画面が表示されず、読み取りができません。
  • iPhoneSE(第一世代):NFCが搭載されていないため、チップの読み取りができません。

本人確認の流れ

IC運転免許証による本人確認の流れは以下のようになっています。

  1. IC運転免許証と暗証番号1・2の用意
  2. 免許証氏名と暗証番号の入力
  3. 運転免許証のICチップ読み取り
  4. 運転免許証と自分の顔写真の撮影

それでは、この流れに沿って説明していきます。

1.IC運転免許証と暗証番号1・2の用意

本人確認をするには、IC運転免許証と免許証の暗証番号1・2を用意します。

IC運転免許証

IC運転免許証(サンプル)
トマリギ

ICチップは外側からは見えません

暗証番号1・2

暗証番号1・2は、自動車運転免許の取得時や更新時に発行される登録カードに書かれています。

登録カード(サンプル)

暗証番号を忘れた場合は、運転免許試験場運転免許更新センター警察署に免許証を持参し、照会を行ってください。電話での対応はしてもらえません。

ニャワ

免許証更新時に暗証番号を変更し、その後、都道府県をまたぐ住所変更をした人が、照会時に間違った暗証番号を提示された例もあるようなので注意してくださいにゃ

暗証番号1は「氏名」の確認、暗証番号2は「顔写真」の確認に使われます。

2.免許証氏名と暗証番号の入力

本人確認画面を表示するには、画面下のナビゲーションメニュー「フィート🦋」を押し、その中の「🍏フィート」を選択します。

フィートのタイムライン画面右上の「…」を押して「フィート設定」を表示します。

設定の中の「本人確認」を選択します。

本人確認画面の表示

「本人確認」の画面が表示されるので、以下の内容を入力します。

  • 暗証番号1と2  IC運転免許証の暗証番号1・2。
  • フィート名 運転免許証に記載されている氏名ここに入力した内容がフィートユーザ名として登録されます
トマリギ

旧姓併記の免許証の場合、旧姓でも認証されます

ニャワ

フィート名」に入れる氏名は、姓と名の間のスペースは気にする必要がないです。どちらでも通りますにゃ

本人確認をすると、それ以前に設定していた「フィートユーザ名」は上書きされます
また本人確認完了後フィートユーザ名の変更はできなくなります

暗証番号1・2と、運転免許証の氏名を入力したら、「確認」を押します。

以下のメッセージが表示されるので「はい」を押します。
(暗証番号連続3回間違いでICチップがロックされる件はこちらを)

3.運転免許証のICチップ読み取り

ここでICチップの読み取りが開始されます。「スキャンの準備ができました」と表示され、スキャン状態になります。

運転免許証にiPhoneをかざす

NFCアンテナが内蔵されているiPhone上部を、IC運転免許証にかざします。

機種によって多少異なりますが、ICチップを読み取るNFCアンテナは背面側カメラの横辺りにあります。

そのため、以下のような位置に置くとICチップの読み取りに成功しやすいです。

読み取りが成功すると

ICチップの読み取りが成功し、暗証番号1・2が正しいと「完了」マークが表示されます。

この表示は、ICチップの読み取り成功と暗証番号の認証が通ったことを示します。そのため、これ以降の工程でエラーが出ても暗証番号間違いにはカウントされません。

読み取りがうまく行かないと

読み取りがうまくできない場合は「Tag connection lost」 という表示が出ます。

ニャワ

これは暗証番号間違いではなく、うまくICチップが読み取れないことを示すものですにゃ

暗証番号が間違っていると

ICチップの読み取りができても、暗証番号1・2のどちらかが間違っていると、「操作を完了できませんでした。(Forttalk.App.Fail エラー5)」といったメッセージが表示されます。

トマリギ

このメッセージが出ると、暗証番号間違い回数が1つカウントされます。

暗証番号を3回間違えるとロックされる

暗証番号は3回連続で間違えると、ICチップ内の情報がロックされ、読み取りができなくなります。
(2回間違えても、3回目で成功すれば間違い回数はリセットされます)

読み取りができなくなった場合は、運転免許試験場運転免許更新センター警察署に免許証を持参し、ロック解除をしてもらう必要があります。

免許証記載の名前と入力した名前が合ってないと

「フィート名」に入力した名前が免許証記氏名と合ってないときは「名前が正しくないです」メッセージが出ます。

トマリギ

この段階はすでに暗証番号の承認は通っているので、3回間違いにカウントされません

4.運転免許証と自分の顔写真の撮影

「フィート名」に入れた名前と運転免許証氏名が合っていると、以下のメッセージが出ます。

「OK」を押すとIC運転免許証自分の顔写真写真撮影モードになります。

IC運転免許証の撮影

まずはじめにIC運転免許証の撮影をします。

免許証撮影」画面が表示され、背面カメラがONになるので、IC運転免許証にカメラを向け「撮影」を押します。

撮影するのは、免許証全部でも写真の所だけでもどちらでもOKです。

自分の顔写真の撮影

次に、運転免許証の写真が本人であるか確認するため、自分の顔写真の撮影が行われます。

以下のメッセージが出るので「ON」を押します。

本人写真撮影」画面が表示され、前面カメラがONになります。

自分の顔が画面に入るようにして「撮影」を押します。

本人確認完了

運転免許証と顔写真の撮影が済むと写真の照合が行われます。

照合が成功すると「本人確認出来ました」とメッセージが表示されます。

「OK」を押して、本人確認処理を終了します。

写真の照合がうまくいかなかった時

運転免許証の写真と、自分の顔写真の照合がうまく行かなかった時は「本人確認出来ませんでした」とメッセージが表示されます。

ニャワ

再度行うには、暗証番号入力のところからやり直す必要があるのにゃ

トマリギ

この段階ではすでに暗証番号の承認は通っているので、3回間違いにはカウントされません

本人確認完了後は

「本人確認済み」の表示

本人確認が完了すると、「フィート設定」画面に「本人確認済み」と表示されます。

一度本人確認が済んだアカウントは、他の端末でログインしても確認済みと表示されます。

フィートユーザ名の変更ができなくなる

本人確認が完了すると、フィートユーザ名は確定され、これ以降の変更ができなくなります

フィート設定メニューの「フィートユーザ名変更」を押しても、変更できない旨メッセージが表示されます。

フィートユーザ名が青色になる

本人確認が完了したユーザのフィートユーザ名は青色表示されます。

「本人確認済みフォロワー」に表示される

また、他の人の「本人確認済みフォロワー」リストに表示されるようになります。

グループトークのアバターに赤い縁取りが付く

他にも、グループトークのアバター(アイコン)に、他の人から見たとき赤い縁取りが付くようになります。

まとめ

本人確認をするには、IC運転免許証と免許証の暗証番号1・2を用意します。

フォートトークの本人確認は、確認済みという事実がシステムに記録され、姓名以外の一切の免許証情報は保持されません。

暗証番号と氏名の入力後、写真(運転免許証と自分の顔写真)の撮影と照合が行われます。

暗証番号は3回間違えるとICカードがロックされるので注意しましょう。

本人確認が完了すると、フィートユーザ名は青色に、グループトークのアバターに赤色の縁取りが付くようになります。

また本人確認完了後はフィートユーザ名の変更ができません。

シェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

スパム対策のため日本語で入力してください。コメントは承認制となっています。htmlタグは使用できません。

CAPTCHA

目次